top of page
木のおもちゃ

学習環境

あなたの言語の環境を作りましょう

新しい言語を話すには、知識、テクニックや実践練習など、いくつかの点が必要です。それらをシステムにするだけではなく、日常のリズムなくらい身に付けないと数年かけても形にならない時が多いです。解決方法は、今までになかった理想的な完全語学学習の環境を作ること。

Enjoying the View_edited.jpg

「語学環境」の媒介変数(基準)をシステムに

システムは、“EVS” 語学学習メソッドを見える化にした UI(user interface)で形になります。

 

自分の語学学習の進歩を観て、それを測ることによって業績の追跡ができます。それを見える化にさせるのがMONILOTのUI。合わせて環境に関わる大事なポイントは下記のようになります。

生徒自身(プロフィール、学習スタイル、価値観、ライフスタイル...)

学習とその環境の中心になり、一番重要なモノは生徒です。だから面談(コンサルティング)をして生徒のプロフィールと目標に学習スタイルや価値観まで完全に理解した上でしか相応しいレッスン方法が作れない。

LILOTの教室で講師と勉強したり、オンラインレッスンで学んだり、MONILOTの提案に沿って自主学習で学んだり、勉強に時間を掛けたりして、それか逆にお仕事でお忙しいから少ししか時間の余裕がない方の為にメソッドの調整をしなければいけないです。

ビジュアルで覚える生徒、宿題多めが必要な生徒、勉強が苦手で実践でしか続か生徒、といったことまでイメージして学習環境を作らせていただきます。

“EVS”効果的なレッスンメソッド

・マルチリンガルと皆共有可能な勉強方法から考えてMONILOTの教育方針を作りました。語学の全てを、たったの6つのメイン項目かける4ステップの進行(レベル)で、簡単な分かりやすいメソッドにしました。

・英語、フランス語、イタリア語、中国語など日本語も含めて外国語が持っている共通点から“EVS”という効率性の高い見える化メソッドにしました。

 

(EVSは名古屋市の私立大学の研究会で参考して論文を書いたり、持続可能な教育を目処にESD*に力を入れたりして常に学びたい皆さんの為に新しい証明に目を向けて参りました。)

*ESD:国連教育科学文化機関(UNESCO)による持続可能な開発のための教育。

9-User Interface.png

業績を追跡する為のUI(user interface)

自分の勉強の進歩を目で見ることに。目的を達成する為にどのくらいの時間が必要で、何が自分に不足しているスキル、必要なスキルか、どのように進めていくかが不透明なままでは目的地(あなたのゴール)に辿り着くには遠回りになってしまいます。

何かスタートする前に、まず最初に自分の描くビジョンの全体像を見て、明確にする事が大切です。MONILOTではそのビジョンを一緒にインターフェースで確認して行きます。

質の高い教材

学びの進み具合やレベルによって必要とされる教材が変わる。ニーズに合わせて作らなきゃいけない。

詳細は>>>「自社開発の教材」のページに

レッスン環境

レッスンメソッド、レッスン内容、教材、外国人講師との交流など、そしてあなたの日常で使える語学向けの教材や文房具など、それぞれの見つかる場所が皆さんの語学学習環境となります:

LILOT語学学校、LILOT交流と自習スペース、名古屋市各区の協力ストアなど。

教室で勉強するだけでなくレッスンの合間や自分の日常の中で外国語に触れる機会と環境を考える必要がある。

9-レッスン環境2.png
9-レッスン環境3.png
bottom of page